アーカイブ・シリーズ vol.4


-CRAWFISH-

 

浮世絵が好きだ。

原宿のホットスポット、太田記念美術館(いつ行っても浮世絵が観れる。来年こそは年間パスをゲット)に行くたびに、僕にもあんな風に描けたらなと思いますね。特に歌川国芳とその弟子の月岡芳年が好き。今回紹介するフライヤーは、なんとか先人達に近づこうと思って描いてみました。

ただ単に、浮世絵の真似して描いても仕方ないので、映画の1シーンやポスターみたいにしたのです。映画といっても色々あるので、今回のテーマは「カルトなホラー映画のポスター」です。フライヤーを作る時は、いいアイデアはもちろん必要ですが、別のアイデアをいくつか合わせた時の方が面白いものができる気がします。でも、浮世絵っていってもこの絵で参考にしているのは服のシワくらいですかね。

英文字のTHE THUNDER BOYSのロゴは映画『ドラキュラ』のタイトルロゴを参考に描きました。ライブスケジュールの部分は、聴いている人をいつもホラーな目にあわせるロックバンド、ザ・クランプス(サーフィン・バードのカバーかっこいい!)のロゴ文字を日本語に置き換えて作りました。文字部分は他の紙に描いてパソコンで合成させて色をつけています。

なんだかよくわからない危ない感じが出たと思います。別にこのシーンを詳しく説明するつもりはないけど。

こちらのフライヤーは個展にて、白黒の原画が展示されますのでお楽しみに!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

The Dynamite Box

-ザ・サンダーボーイズ塩嵜直人/バンドフライヤー・イラスト展-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です