ライブあります。2018.7.26(木)


ギターが相棒、ロックが墓場!ザ・サンダーボーイズの新しいフライヤーが完成しました!

デルタ・ブルースの伝説を…

ってあまりにも浮世離れしていて受け入れられにくいかもしれないですが。

チャーリー・パットンて人がいまして(また!?)。どうも、アコギ一本で演奏してるんですが、曲が同じリフを繰り返したりするようなものもあり、どんどんトランス状態になってギター投げたり叩いたりしてたそうなんですよね。録音で残ってるものは、当時の演奏よりゆっくりしていて勢いが消えてるという説もあるようで、どんな感じだったんだろうかと想像しながら描いてみました。

ミシシッピデルタ地帯のミュージシャンで、当時から洪水なども多く『ハイ・ウォーター・エブリウェア』って曲もある。ボブ・ディランの最近のライブのセットリストにも必ず入っている同名曲(こちらは別曲ですがタイトルに「for charley patton」とあり。アツい!)はチャーリー・パットンが今生きていたらこんな演奏になるかもっていうナイスジャムな曲っすね! アルバム、『ラブ・アンド・セフト』にはスタジオ・オリジナル版が、ブートレグシリーズ8の『ティル・テイル・サインズ』には演奏中にどんどん水かさが増してくるのが伝わってくる、まさに息(水か!?)を飲むライブバージョンが(これマジでおすすめ)!!

服とかは一応夏なんで、夏コーデでいってみました!

文字はクーパーって書体を意識して手描きです。個展にも原画(文字部分だけは)並べる予定なんで是非ご覧になってください!

ザ・サンダーボーイスのライブもお暇あれば是非お越しください!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

The Dynamite Box

-ザ・サンダーボーイズ塩嵜直人/バンドフライヤー・イラスト展-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください