直筆!! 出演バンド紹介 最終回


ギターが相棒、ロックが墓場!!

寝床から墓場まで、バカとロックがついて回る!
嗚呼、今夜も奴らのブルー・アンド・ロンサムが止まらない!!

泣く子も黙る! マキシマム・ブルースバンド!!

ザ・サンダーボーイズ!!!


今週末、2月16日土曜日
ザ・サンダーボーイズのシングルレコード発売記念ライブ「ロックンロール狂黄金時代」当日の主役(いや〜大丈夫かな…スゴイバンドの呼びすぎた…)です!

こちらもチラシの裏のイラストに色つけてみました。

僕のバンド、ザ・サンダーボーイズはロックンロールバンドです!

バンドやるならやっぱロックしかねえ!!

CD、LP、Tシャツなどなど、グッズがいっぱいあるよ。

もちろんニューシングルレコードも!

以上! イベント前の「直筆!! 出演バンド紹介」でした!

あさってのイベント当日はこの4バンドで盛り上がってこー!!

イエ〜!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ロックンロール狂黄金時代

-ザ・サンダーボーイズ・ニューシングル「黄金のスージー」発売記念ライブ-

直筆!! 出演バンド紹介 その3


無限のハートに火がつくぜ!!

ヘイ! ブラザー!! 

血が騒ぐ、奇跡のサイケデリックロックンロールバンド!!

THE BLACK DOLPHINS!!!


今週末、2月16日土曜日
ザ・サンダーボーイズのシングルレコード発売記念ライブ「ロックンロール狂黄金時代」出演です!!

60年代の終わりが今ついに、灰になって空に舞う!!
退屈な夜に最新型のキック・アウト・ザ・ジャムズを叩きつける!!

今回のTHE BLACK DOLPHINSは紹介文通り、まさにMC5とドアーズ足した様なサウンドで、でもなぜか古臭く聴こえない、スーパーかっこいいーバンドです! しかも大阪から来てくれます!! 東京の人は必見や! 要チェックや!!!

2018年12月9日よりNew Single「Heavenly Noise」発売中!

毎回アップしてます、僕が考えて書いているこのバンド紹介コメントですが、チラシの裏にも載ってますんで(大した文章でもねぇけど…)是非ともご覧ください!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ロックンロール狂黄金時代

-ザ・サンダーボーイズ・ニューシングル「黄金のスージー」発売記念ライブ-

直筆!! 出演バンド紹介 その2


愛しのドリーミング・ガール!!

ビートの大波に飲み込まれ、たどり着いたのは夢の中。

手に負えない夜もタイトなリズムで明るく照らす。気づかないまま踊る! 

今回は…

ネオンズ!!!


2月16日土曜日
ザ・サンダーボーイズのシングルレコード発売記念ライブ「ロックンロール狂黄金時代」出演!!

フライヤー裏面に掲載したバンドイラストです。前回「9413」に引き続きカラー作品です。ポップな感じが出したかったので、ラモーンズの大問題作「エンド・オブ・ザ・センチュリー」のジャケットを参考にしてみました(でもバンド自体は渋い)!

ちなみに、うしろの赤いのは電撃イライラ棒ではありません。ネオンライトで「NEONS」と書いてます。

ネオンズは、ギターとかベースののような弦楽器がないバンド。なんとキーボード3台とドラムスという編成で、テクノミュージックを演ってます!

ライブ観たらわかる。

もうまさに、気付かないうちに踊ってるんです。

1st Album「BILLOW」も大好評発売中!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ロックンロール狂黄金時代

-ザ・サンダーボーイズ・ニューシングル「黄金のスージー」発売記念ライブ-


直筆!! 出演バンド紹介 その1


ロックで九死に一生を!!

2月16日土曜日ザ・サンダーボーイズのシングルレコード発売記念ライブ「ロックンロール狂黄金時代

フライヤー裏面にて掲載しましたバンドイラストより

直筆!! 出演バンド紹介だ!

今回はこちら!

レアメタル・グルー!! 

愛すべき心の宇宙から来たロックンロールバンド!!

9413!!!

銀河の果てを、亡骸みたいに漂えば、そこにはギラついた飾りのない唄がありました。
行き着く果てには何が待つ!?

僕のバンドザ・サンダーボーイズと同じく3ピースのバンドです。一緒のクラスだと仲良くなれそう。

1st Album「9413の素晴らしい世界」2019年3月リリース予定!

ロックンロールあり、泣きのバラードあり。ライブかっこいいよ!! お楽しみに!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ロックンロール狂黄金時代

-ザ・サンダーボーイズ・ニューシングル「黄金のスージー」発売記念ライブ-

黄金のスージー その1


ニューシングル

ザ・サンダーボーイズのニューシングル「黄金のスージー」のジャケットです。イベントの企画内容として、まずはこれをご紹介しましょう!

決めたんですよ。高校生かなんかの時に。自分のバンドの音源を作るならジャケットも自分で作るぞって。バンドもやってないのに…。

“黄金のスージー その1” の続きを読む

ロックンロール狂黄金時代 フライヤーその2


公式フライヤー

前回ご紹介した、2月16日土曜日ザ・サンダーボーイズのシングルレコード発売記念ライブ「ロックンロール狂黄金時代」の公式フライヤー

今回は、その裏面をご覧ください!

これを見ると、もう企画内容は一目瞭然です。つまりこのサイトにとってはネタバレも甚だしいのですが、まぁ、それだけよく出来てるってことで、せっかくなのでご覧いただきましょう!! 隠しておいても意味無いし。

“ロックンロール狂黄金時代 フライヤーその2” の続きを読む

ロックンロール狂黄金時代 フライヤーその1



公式フライヤー

みなさま! ザ・サンダーボーイズのシングルレコード発売記念ライブまで、あと3週間切りました!

おなじみ自作の公式フライヤーのご紹介です!

今回のフライヤーは、企画にいいバンドばっかり出てくれるので緊張して時間かかっちゃいました! 絵の内容は、タイトルにもちなんで「黄金の腕が燃えてるぜ!」って感じです。あ、そんなに関係ないかもしれません…

僕のバンド、ザ・サンダーボーイズはギターとベース、ドラムの3人バンドなんですが、フライヤーにギターを持ってる絵を描いても、よくある感じになりそうであんまり面白くない(自分を描いてるみたいだ)し、今回は思い切って燃えるピアノを描いてみました! ロックンローラーのジェリー・リー・ルイス(アダ名はキラー!!)がよく使っているやつです。

“ロックンロール狂黄金時代 フライヤーその1” の続きを読む

2019速報! 



2019年2月16日土曜日

ザ・サンダーボーイズのシングルレコード発売記念ライブ

「ロックンロール狂黄金時代」の開催が決定いたしました!

詳細は決まり次第発表!

フライヤー展会期中に作った第一報ポスターです。ちなみに真ん中のは金星です。出演者等は追って発表いたします。

もちろんロックンロールです。これしかない!

情報を待て!!!

プレイリスト 2018.10.21



20日のライブはあんまりCDかけてないので、

以下21日、日曜日のプレイリストです!

  1. Primal Scream/Screamadelica
  2. Big Audio Dynamite/Tighten Up Vol. ’88
  3. Wanda Jackson/The Party Ain’t Over
  4. Suger Minott/Lovers Rock
  5. Gaz Mayall/Gaz’s Rockin Blues Club Classics(V.A.)
  6. Little Walter/Hate To See You Go
  7. Gumbo Ya-Ya/New Orleans 28 All-Time Hits
  8. Hound Dog Taylor And HouseRockers/Hound Dog Taylor
  9. The Beatles/Let It Be… Naked

あ…、前日のライブの疲れが…。この日は枚数少なめですね。クラッシュのギタリスト、ミック・ジョーンズ率いるビッグ・オーディオ・ダイナマイトのこのアルバム名盤です!かっこいい〜。

ワンダ・ジャクソンは、ジャック・ホワイトがプロデュースしたアルバムで、1曲目はシェイキン・オール・オーバー、ボブ・ディランのサンダー・マウンテンのカバーもやってます。古くせえ音質で録音してないのがいいんですよ。

ギャズ・メイオールの2枚組オムニバスは1枚目がブルースで2枚目がスカ、ロックステディなのだ!これも何回も聴いちゃいますね。

最後はレット・イット・ビー・ネイキッドでしっとりおわかれです。オーケストラの演奏をカットしたバージョンで、スタジオで録音をしてるっていうのがなんかよく分かる。さあフィル・スペクターにコーラスをオーバーダブされる前に、鍵閉めて帰りましょう。

以上、フライヤー展5日間のプレイリストでした〜。サンキュー・ロックンロール!

プレイリスト 2018.10.19



フライヤー展「ダイナマイト・ボックス」終了いたしました! 1週間どうもありがとうございました!

とりあえず更新できなかったプレイリストをどうぞ!

  1. The Rolling Stones/Blue and Lonesome
  2. Primal Scream/More Light
  3. Desmond Dekker/007 Shanty Town
  4. Johnny Thunders And Heartbreakers/L.A.M.F
  5. Shangri-las/Leader Of The Pack
  6. The Historic Blues Sessions/The Legendary Blues Sessions(V.A.)
  7. Bad Music For Bad People/Songs The Cramps Taught Us
  8. Gene Vincent And The Blue Caps/Gene Vincent And The Blue Caps
  9. Slick Dick/The Great Adventures Of Slick Dick
  10. Joe Strummer/Street Core
  11. New York Dolls/Paris Burning
  12. Louis Armstrong/The Complete Hot Five And Hot Seven Recording

この日は名盤続きで、なかなかいい流れです。ローリング・ストーンズの「ブルー・アンド・ロンサム」、プライマル・スクリームの「モア・ライト」と来て、ジョニー・サンダースの「L.A.M.F」なんて何回聴いたかわかりません。頭の中で再生できます。改めて聴いても非の打ち所がないですよね。ジョニー・サンダースがリマスターしたL.A.M.F Revisitedっていうのもあるんですが、(ギターでかすぎ!)僕の持っているのは「ボーン・トゥ・ルーズ」から始まる、ジャングルレコードが出してるLost 77Mixってやつで、こっちのほうが好きですね。

ニューヨーク・ドールズのスカイ・ドッグが出してる公式(?)海賊版のパリのライブもやばい!まさに怒涛のライブ! ジェット・ボーイかっこいい!

てな感じで、この日の最後はルイ・アームストロングの初期音源集で夜が更けていきました。